襟足自己処理の仕方

MENU

失敗しない襟足自己処理の仕方

髪をアップにする時やショートカットやボブヘアにした時に気になってくる襟足のムダ毛・・。

 

他の人の襟足を見て「伸びてるな〜」と思ったことはありませんか?普段あまり意識することがない襟足ですが、意外とみられているパーツなのです。

 

襟足のムダ毛の処理はどうするの?ということで処理の方法をご紹介します!

 

カミソリ

カミソリ

 

最も手軽で安くできるのがカミソリです。ドラッグストアで手に入り、処理もスピーディーで簡単です。「明日浴衣を着るから」という時にも最適。

 

襟足にはI字カミソリという産毛剃りに使われるタイプが呼ばれる小回りが利いて襟足の処理にはおすすめです。

 

力を入れ過ぎないようそっと剃りましょう。

 

電気シェーバー

電気シェーバー

 

カミソリ同様手軽で簡単な処理方法です。顔用の細いタイプを使うと安心です。カミソリと違い肌に直接触れないので、カミソリ負けや肌荒れの心配もありません。

 

でも深剃りができないのですぐに生えてきてしまうのが難点です。

 

ワックス

ワックス

 

特殊な溶剤を塗ってシートを貼ってはがして脱毛します。ワックスがついているワックスシートや、溶かしてから使うタイプなどがあります。

 

ムダ毛の根本から抜けるので剃るより長持ちする上、生えてきた時のチクチクした感じもありません。

 

はがした時に痛いのと、埋没毛になりやすくなるためアフターケアは大切になります。

 

除毛クリーム

除毛クリーム

 

クリームを塗って薬剤が毛を溶かす方法です。数分ほど放置して拭き取ると毛が取れます。水で洗い流せるものなど、バスタイムに使える便利なタイプもあります。値段も1000円以内からとリーズナブル。

 

襟足など自分で見えない部分や広範囲の処理に向いています。でも、刺激が強いため襟足などデリケートな部分はパッチテストをしてから使うようにしましょう。

 

家庭用脱毛器

脱毛器を使っている女性

 

襟足脱毛にエステサロンの光脱毛を取り入れた家庭用脱毛器を使う方法もあります。

 

繰り返し使うとお店で脱毛しているのと同じような効果が期待できます。エステサロンに通うのが面倒、時間がない、という人にピッタリです。

 

ただ、お店の機械よりは威力は弱めなので、回数や時間はお店より長くかかります。

 

ライン

 

失敗しない自己処理のポイント
  • 髪を束ねてから行いましょう。
  • 鏡で確認しながら行いましょう。卓上の物でもいいので三面鏡があると便利です。家の人に手伝ってもらってもいいですね。
  • 髪は束ねるかクリップで上げておきましょう。生え際は2cmほど残すと自然です。
  • 剃る時はあいているほうの手で皮膚を押さえておきます。上から下に剃って逆ぞりは避けましょう。

 

それでも失敗してしまった場合は、こちらの対処法を参考にしてみてください。