襟足脱毛のメリット・デメリット

MENU

襟足脱毛のメリット・デメリット

襟足の脱毛をするとどんないいことがあるの?逆にリスクってあるの?ということで、襟足脱毛のメリット&デメリットをまとめてみました!

 

襟足脱毛のメリット

 

色々な髪型が楽しめる!改まったシーンでも余裕!

披露宴
キレイに手入れされている襟足は素敵ですよね。

 

特にポニーテールやお団子、夜会巻きなどアップスタイルの髪型にした時に、襟足の毛は目立ちます。

 

ショートカットやボブにした時も襟足の毛の処理は必要になってきます。

 

結婚式や二次会、パーティなどでドレスや着物を着る時、また、浴衣デートで髪をアップする時なども襟足の脱毛をしているとあわてなくて済みますよね。

 

首が長く細く見える

 

全体的に薄く、まんべんなく生えている襟足の毛。産毛があると肌が黒ずんで見えてしまいます。襟足の脱毛をすると肌が白く、トーンアップして見えます。

 

また、髪の生え際までの毛がなくなると、すっきりして首が細く長く見える効果もあります。

 

男性にモテる?

 

女性のうなじが好き、という男性は多いもの。襟足の毛がボーボーだとだらしなく、生活感が漂いマイナスイメージです。

 

キレイに脱毛したうなじは清潔感がありそれだけで好印象です。襟足はじっと見ていても気づかれないので、意外と見つめられているパーツ。

 

ツルすべの襟足で男性の視線をクギづけにしちゃいましょ♪

 

襟足脱毛のデメリット

日焼けしている女性

日焼けできない

 

エステサロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛をする時は、日焼けはNGになります。顔や首には日焼け止めを塗っていても、首の後ろはノーマークという人は多いですよね。

 

知らないうちに焼けていた・・ということがないように、首の後ろの日焼け対策は念入りにしなければいけません。

 

痛みが強い

 

脱毛もする場所によって痛みの強さが違います。襟足は比較的痛みを感じやすいようです。日焼けしているので他の部位に比べマシーンの反応が出やすいためです。

 

でも、痛みの感じ方には個人差があり、毛質やその時のコンディションによります。また、痛くない脱毛を行っているエステサロンも多いので不安に感じることはありません。

 

効果が出にくい

 

脱毛で効果が出やすいのは、ワキやアンダーヘアのような太くて濃い毛です。なぜなら脱毛器は毛の黒い色素(メラニン)に反応させるためです。

 

なので、産毛のような薄く細い毛は比較的効果が出にくいものです。でも、襟足は範囲がせまく毛も少ないので、いつまでたっても終わらない、ということはないでしょう。